喜久絵・後藤人形・石川潤平指定特約店 静岡県島田市の島田人形
お問合せご注文は TEL / FAX 0547-37-8225

会社概要・店舗案内

三月・五月人形

三月・五月人形インターネット販売

つるし雛販売・木目込人形教室

ブログ・最新情報

三月・五月人形


後藤由香子
石川 潤平作
喜久絵
キャンディーハートプリンセス雛
徳川家康公顕彰
四百年記念事業
結納羽子板製作

ポーセリン雛
(磁器人形)

後藤由香子
後藤 由香子
岐阜市生まれ、幼少のころから人形師の祖父の傍らで、人形作りに親しむ。
早稲田大学では、心理学を専攻。アートセラピー、音楽療法などを研究。
オーストラリア、アメリカ留学を経て、卒業後は放送局のアナウンサーとして
TVニュースのキャスターなどをつとめる。
現在、各分野でみがいた感性を生かし、自然をテーマにしたひな人形の企画、
デザイン、制作を手がけている。

雛人形コンクールで最高賞連続受賞。
2008年、岐阜市・フィレンツェ姉妹都市30周年で世界遺産に作品展示。
2009年、銀座ギャラリー21で個展。
2011年、ギャラリー アット ハイアットで個展。

節句人形工芸士(master of traditionalcrafts)、カラーセラピスト。
 





 
 
JAZZ
十二単衣 小十番親王
京都西陣織、有職花立浦に花紋、御神木の里製 檜小道具。

間口 90 × 奥行 60 × 高さ 56cm
  典雅
十二単衣 小十番親王
京都西陣織、金襴に牡丹刺繍、御神木の里 木曽檜・いちい三宝。

間口 70 × 奥行 40 × 高さ 46cm



 
 
星の花
十二単衣 小十番親王
正絹ゴブラン織、牡丹唐草文、御神木の里 木曽ひのき大経木。

間口 110 × 奥行 65 × 高さ 70cm
  フィール
十二単衣 京十番親王
京都西陣織、桐竹鳳凰紋、御神木の里 檜小道具、本絹桜。

間口 70 × 奥行 40 × 高さ 46cm



 
 
ソフィア
十二単衣 小十番親王
京都西陣織、正絹ゴブラン織、御神木の里 木曽檜・いちい三宝。

間口 89 × 奥行 44 × 高さ 46cm
  志野
十二単衣 小十番親王
正絹午書友禅、創作美濃和紙、志野茶碗。      

間口 90 × 奥行 56 × 高さ 50cm



 
 
花よせ
十二単衣 芥子親王
京都西陣織、はなよせ刺繍、御神木の里製 檜小道具、本絹製。

間口 70 × 奥行 41 × 高さ 40cm
  花うさぎ
十二単衣 小十番親王
京都西陣織、花うさぎ金襴、伝統工芸 駿河雛道具。      

間口 80 × 奥行 46 × 高さ 44cm



 
 
MODE(モード)
十二単衣 小十番親王
正絹有職 向かい蝶紋、駿河小道具、木曽檜。

間口 85 × 奥行 37 × 高さ 43cm
 



トップへ戻る


石川潤平の世界

石川潤平
石川 潤平
大正9年7月  福島県にて生まれる。
昭和54年2月 伝統工芸士の称号認定される。
昭和62年11月 伝統工芸品産業功労者表彰。
平成元年11月 総理府付黄綬褒章受章。
平成2年秋 平成天皇即位に際し、三番叟献上。
平成5年春 小和田雅子様ご婚約に際し、立雛献上。
平成5年6月 皇太子殿下ご成婚に際し、三番叟献上。
平成7年春 勲六等瑞宝章受章。
平成16年春 無形文化財に認定
 


二世_石川潤平
2世 石川 潤平
1947年 埼玉県に生まれる。
1971年 無形文化財認定人形作家である父に師事。
1999年 二代目潤平を襲名。
西ドイツヘッセン州立ハーナウ人形博物館に木目込み人形を寄贈。 
2000年 埼玉県立民族文化センターに木目込人形制作工程を寄贈。
2001年 明治神宮に木目込人形「官公」を奉納。
2002年 おぼこ大将「枠目彩色」を発表。
2003年 伝統工芸士に認定される。

独創性と芸術性は高く人形は評価されています。
構想から頭(かしら)作り、面相描き、裂の選定、相込作業、取り付けまで分業がほとんどの人形ですが、石川潤平工房は自らがすべてを一貫して制作しております。その技と心を二人の息子が伝承しております。 


正規代理店 石川潤平工房(埼玉県 無形文化財技芸継承作家)

 
桐塑または木で作られた人形に、衣装を本体に筋彫りを入れ目打ちなどで布の端を押し込んで衣装を着ているように仕立てた人形です。
最高級の木目込人形です。
  作家独自の技法による非常に高度な筆の技術が要ります。凛としたお顔をご覧下さい。



 
石川潤平作 泰平   石川佳正作 平成古典


 
石川潤平作 悠久   石川潤平作 天真愛雛


 
石川佳正作 平成古典(緑)   石川潤平作 おぼこ大将手書き「枠目」


 
石川潤平作 おぼこ大将「笹目」   石川佳正作 幼天神


石川佳正作 幼大将



トップへ戻る


江戸木目込 喜久絵のおひなさま

喜久絵
女流作家 喜久絵
「女の子の一生の宝物。飾って思わず笑みがこぼれるような、おひなさま」を作りたいと思い続けております。

昭和45年  東玉工房に入門し風俗人形作家の戸塚玉芳に師事する。
昭和60年  ひな人形師 藤比呂泰のもと有職親王雛の制作を学ぶ。
平成元年 工芸作家 鈴木賢一に師事。 江戸木目込人形の制作に従事する。
平成5年 東宝工房コーディネートアドバイザーに就任。
平成13年 東宝工房女流作家として喜久絵シリーズを発表する。
平成16年 節句人形工芸士に認定される。
平成20年 新商品桜華を発表する。

〈インターネット販売中〉 


 




トップへ戻る


キャンディーハートプリンセス雛

 
 
             



トップへ戻る

「徳川みらい学会」島田人形会員

喜久絵

ようこそふじのくにへ、家康公が描いた平和のくにへ。
徳川家康は、戦国の時代を生き抜き、後の260年余の平和の江戸時代を築きました。その生涯の大半を過ごした静岡県には家康公ゆかりの史跡や、言い伝え、食や技術等が数多く残されています。
平成27年に徳川家康公没後400年という大きな節目を迎える。

「一 富士、二 鷹、三 茄子」



 
徳川家康鎧 久能山東照宮所蔵模写   南蛮一の谷 鎧


 
徳川鎧〈収納飾り〉   徳川着用兜〈収納飾り〉


加藤一冑作 名将の魂をこめた手作りの逸品

喜久絵
甲冑師二代目 加藤一冑

国宝や文化財に指定されている武具甲冑の模写修正に功績を残した初代名人一冑を父に、また名匠とうたわれる加藤秀山を叔父に、幼少から甲冑造りを学ぶ。
現在、忠実な時考証を元に実物と同じ鎧・兜を再現できる日本で唯一の名工。
平成21年度「東京都名誉都民」を受章。






トップへ戻る

結納羽子板飾り

結納品がタンスに眠っていませんか

結納品をお持ち下さい。豪華な羽子板飾りになります。
お正月飾りとしてご利用下さい。
制作費 ¥14,980(税込)
備 考 結納羽子板のみ
羽子板台は別売り¥3,780(税込)



トップへ戻る


正規代理店 ポーセリン雛
Porcelain雛 -HINA- Stylish Display【磁器雛人形】

ポーセリン雛_春桜

ご予約キャンペーン中プレゼント


雛人形作品をご予約いただいたお客様にご希望のお名前を名入れできる「ポーセリンオリジナルプレート」を進呈致します。この機会に是非ご利用ください。

2013年11月1日(金)〜2014年3月30日(日)

※ ネームプレートの作成は2週間程お時間が必要です。
詳しくは店頭にてお問い合わせ下さい。
 




ポーセリン雛_春桜
SIZE 姫:33.5×27×19cm 殿:27×22.5×23cm  PRICE 295,000円




ポーセリン雛_桃園
SIZE 姫:33.5×27×19cm 殿:27×22.5×23cm  PRICE 295,000円




ポーセリン雛_藤紫
SIZE 姫:33.5×27×19cm 殿:27×22.5×23cm  PRICE 295,000円




ポーセリン雛_ゴールド
SIZE 姫:33.5×27×19cm 殿:27×22.5×23cm  PRICE 295,000円      ドイツの金を使用




ポーセリン雛_プラチナ
SIZE 姫:33.5×27×19cm 殿:27×22.5×23cm  PRICE 295,000円

大人の雛人形「重陽の節句」9月9日お飾り致します。
還暦のお祝い。



ミンロン社の「優れた芸術の陶磁器・商品とイベント」

① ひな祭りの人形は、元来、陶器、木粉、石膏、そして布などの様々な材料をもちいて作られます。特に、ミンロン社の陶器で出来たひな人形は、成形、容姿の彫刻、描写段階から、色の調合まで、精工な技術と高度な品質が達成され、芸術作品と言われています。
製品が誕生するまで、原材料の処理から1360℃から1380℃で焼き上げる段階まで、それぞれの過程で用いられる近代技術と、ミンロン社の職人が持つ高い手工業技術が合わさり、まず形が出来上がり、顔の表情が描かれ、そして精緻な模様が描かれた衣装をまとい、高い文化性と美術性を備え製品には、躍動感と宮殿に住んでいる貴族のような気品が現れています。職人の心血がひな人形の中に注ぎ込まれ、市場で人々が求める作品が出来上がります。陶器の像を求める顧客や人々の前に、新しく登場した芸術作品のひな人形の姿が現れます。(p38より抜粋)

② 明るい色を抑えるには高い技術を必要とする。色彩の荘厳さは、濃淡から明暗に、土器の上に塗られていく。なかでも、上薬は1360℃から1380℃で焼かれ、ひとつひとつの細部まで、繊細に描かれ、彫刻された結果、高い芸術性を持ち、精度が高く、美しい容姿のひな人形が出来る。(p42より抜粋)

③ 古くから、金や白金は人類が尊んできた王家の金属である。これらは美しく、貴重であり、きらびやかでもある。ミンロン社の陶器のひな人形は、金や白金を飾った華やかな衣装を羽織っている。容姿、衣装の模様は金や白金で統一されており、非常にきらびやかであり、高貴な王家を想わせる。金や白金の原料は、ドイツ製の最高の原料を使用し、職人が丁寧に作り上げる手の中で、炎を通して最高の輝きをまとう。(p44より抜粋)

④ ミンロン社の高級陶磁器は政治指導者が諸国を訪問した際の記念品として、ローマ法王を初め、アメリカの大統領、中国の総書記、そして日本の天皇陛下を含め、40人以上の国家元首へ贈呈されています。これらの成果の背景には、ミンロン社が近代的設備や先進技術を持っているだけではなく、工芸陶器の長い歴史を持つビンズオン省で、匠の技をもつ職人、そして長年の経験をもつ技術者を抱えていることがあげられます。現在、当社には直接生産に従事している2,000人以上の職人が居り、主に高級な工芸商品を、高い美術性や品質を求めるフランス、ドイツ、日本市場に輸出しています。(p4〜p5にかけて抜粋)



トップへ戻る


© 2008 - 2016 島田人形 |会社概要・店舗案内三月・五月人形三月・五月人形インターネット販売つるし雛